高血圧はこんなに危険

高血圧が要因の死亡率が高いという事実

 

高血圧 = サイレントキラー(沈黙の殺し屋)

 

 

高血圧死亡要因

現在、日本の死亡原因のトップ3は

 

  • 1位:ガン(約30%)
  • 2位:心疾患(約16%)
  • 3位:脳卒中(約11%)

となっています。

 

心疾患と脳卒中の大きな原因が高血圧なので、高血圧が原因で死亡する比率は、ガンに次いで多いんです。

 

日本では、高血圧(症)の推定患者数は4000万人とされ、30歳以上の過半数が高血圧と言われるくらい増えていることが判明しました。

 

血圧が高くなると、血管に大きな負担がかかって動脈が傷みやすくなり、血液を送り出す心臓が多くのエネルギーを必要とするので、とても疲れやすくなります。

 

高血圧は多くの場合、自覚症状がほとんどないまま放置され、分からないうちに血管・心臓、腎臓などの臓器に障害を与え、やがて脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞といった命に関わるような重大な病気を引き起こすため、サイレントキラーと呼ばれています。

 

 

これだけ死亡率が高い病気の原因になっているのに、
高血圧をそのままにしておくのは本当に危険です。

 

 

これまでは一般的に高血圧の治療として、降圧剤を使用して一時的に血圧を下げる方法や、減塩の食事療法が実施されてきましたが、降圧剤は高血圧(症)を根本的に治す治療法ではありませんし、ほとんどの日本人は、減塩の食事をしても血圧は下がらないという研究結果が多数発表されています。

 

さらに、日本で最も売れているバルサルタンという降圧剤が、「脳卒中を抑制する効果がある」と、偽りのデータを捏造していたというニュースを聞いたことがあると思います。
薬を売りたいた製薬会社はこんな有り得ない情報操作もしているんです。

 

 

簡単で効果のある高血圧改善法とは

 

そこで、当サイトでは、高血圧の一般的な知識と対処法などを調べるとともに、根本的な原因を解決して、に血圧を下げる方法などを調べました。

 

様々な情報の中から、一時的な対処療法である降圧剤などを使わずに、効果の期待できない減塩の食事をすることなく、自宅で出来る高血圧改善法を検証し、誰でも簡単に実践できて、多くの実績のあった方法をランキング形式で紹介しまていす。

 

繰り返しになりますが、今は大丈夫でも、自覚症状が無いままに体を蝕んでいくのが高血圧の最も怖いところだと思います。

 

是非、このランキングを参考にして頂き、高血圧に悩む事のない健やかな生活が送れることを願っております。

 

 

 

高血圧改善法ランキング

 

 

 

高血圧をほおっておくと、様々な臓器に障害を与えるのは前述のとおりですが、どのような障害があるのか、主だったものを列記しておきます。

 


脳卒中、脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血、無症候性脳血管障害、一過性脳虚血発作、認知機能障害

 

心臓
左室肥大、狭心症、心筋梗塞、心不全

 

腎臓
タンパク尿、腎障害、腎不全

 

血管
動脈硬化性プラーク、大動脈解離、閉鎖性動脈疾患、頸動脈内膜

 

眼底
高血圧性網膜症

 

脳卒中など、重大な後遺症が残る病気もありますし、最悪の場合は死に至る病気も多くあります。

 

正しい知識と、改善法を知っていれば、このような病気を回避することが出来ますので、もし、血圧が高いと分かっているのであれば、早めに血圧を下げる取り組みをされることを強くお勧めします。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善