食事療法では野菜を多く取るのが有効

カリウムの多い食物をとれば、カリウムが排泄されるときナトリウムを連れて出ますので、体内のナトリウムの量を減らし、食事療法の効果をたすける結果になります。

 

これは、カリウムが、塩類と結びつきやすい性質をもっている元素であり、天然にはケイ酸塩として、また海水中や岩塩中ではカリ塩として存在しています。

 

このカリウムは、わたくしたちが食物としてとる肉や野菜にふくまれていて、体内にはいります。
その量は、野菜より肉に多くふくまれているのですが、肉は同時にナトリウムも多くふくんでいますので、ナトリウムをふくまない野菜や果物を多くとり、体内でナトリウムと結びつかせて体外へ出すのが、効果的です。
そのために、肉より野菜や果物を多くとることが、体内のナトリウム量をすくなくすることになります。

 

 

ただし、野菜や果物であればなんでもよいというものではありません。
たとえば、トマト、ほうれん草、セロリなどは、ナトリウムを多くふくんでいます。
きゅうり、みかん、梨し、桃などがカリウムを多くふくんでいますから、これらの野菜、果物をとるのが効果的といえます。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善