動脈硬化の原因

動脈は、いうまでもなく、心臓から血液を受取って身体各部の組織、細胞に送りとどける血管です。
その血管の大きさによって、大動脈、小動脈、細動脈、毛細管に区別され、また、その位置によって、肺動脈、頭動脈、腎動脈その他の呼称がつけられています。

 

 

動脈硬化は、これらの血管の老化現象として起きた状態ですが、その原因は複雑です。
すなわち、動脈硬化を起こしやすい体質の遺伝が考えられるほか、糖尿病、内分泌異常、梅毒、伝染病なども動脈硬化の原因になると考えられています。

 

酒、タバコ、重労働なども関係がありますが、今日では食物とくに動物性脂肪を多くとることによって、動脈硬化をうながすといわれています。

 

 

また、高血圧は細動脈硬化をともない、それを進行させます。
そのために腎臓障害を起こしたり、脳出血を起こすことになるのです。

 

 

もっとも動脈硬化は、血管の老化現象ですから、高血圧や原因となる病気がなくても、老年になれば、生理的変化として起きてきます。
ただ、高血圧や前述の病気がある人は、動脈硬化が生理的変化としてではなく、進行が速く、程度も強く、病的変化としてあらわれることに問題があります。

 

動脈硬化か比較的に若年であらわれ、その症状の進行速度も速くなります。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

動脈硬化の原因関連ページ

動脈硬化の状態
動脈硬化にも色々な状態があります。細動脈と大きな動脈とでは原因も異なってきます。
動脈硬化の終着駅
動脈硬化は最悪の場合死に至ります。そうでなくても重篤な症状を引き起こします。