動脈硬化の状態

動脈硬化は、血管の老化した状態であり、その原因は生理的なものと病的なものがあります。

 

血管の老化した状態とは、具体的にはどのような変化をさしているのかをみてみましょう。

 

動脈には、大きな動脈もあれば、小さな動脈もあり、老化現象はそのいずれにも起こりますが、その起こり方には多少のちがいがみられますので、便宜上、二つに分けて、まず、細動脈の硬化についてみてみましょう。

 

 

細動脈は毛細管になるまえの細い動脈です。
細動脈の硬化は、高血圧かおる期間以上つづけば起きてきます。
それは、血圧が高くなると、末梢の細動脈はその高い血圧に対抗して緊張度を高め、そのために細動脈の壁にあたる部分の平滑筋が肥厚
するという、生理的な変化としてはじまります。

 

この平滑筋の肥厚は、血管の中膜が厚くなるという形で起こりますが、当然の結果として、血管の内腔はせまくなります。
これがすすむと、内膜はヒダをつくり、はがれやすい状態になります。

 

硬化がさらにすすむと、内膜がはがれたり、またその個所に抵抗が生じると、動脈壁の病的な変性が起こります。
このような状態は、細動脈硬化のかなりすすんだ、重い症状です。

 

血管の抵抗がますために血圧、とくに最低血圧がさらに高くなり、硬化した細動脈は柔軟性をうしなっているので、いつ破れるかもしれないという危険な状態にあります。

 

なお、細動脈の硬化は、全身の細動脈が同時に硬化するのではなく、まず、腎臓の細動脈に硬化があらわれ、ついで脾臓、肝臓、脳などにもみられるようになります。

 

これとは別に、大きな動脈の硬化がみられますが、このばあいには、心臓に近い大動脈の硬化がはじまり、しだいに遠くの小動脈にも勣脈硬化がみられるようになります。
これはアテローム硬化や中膜硬化といわれる形のものです。

 

このような、比較的に大きな動脈が硬化するのは、主として、動脈の内壁にあたる部分の内膜と中膜とのあいだに、コレステロールその他の物質が沈着し、最初に内膜が血管の内側に向ってふくれあがり、ついで沈着物質がしだいにかたまって、骨のようなかたさになります。
つまり、血管の内壁に、文字どおり硬化した部分ができあがります。

 

また、ふくらんだ内膜が、いたんで、はがれ落ち、潰瘍をつくります。
すると、その個所を流れている血液が潰瘍の部分に付着し、しだいに凝固し、かたまりを大きくしていきます。

 

その結果、血液の流れがわるくなり、まったく血液を通さなくなることもあります。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

動脈硬化の状態関連ページ

動脈硬化の原因
動脈硬化は様々な原因が考えられますが、特定するのは困難と言えます。
動脈硬化の終着駅
動脈硬化は最悪の場合死に至ります。そうでなくても重篤な症状を引き起こします。