動脈硬化の終着駅

動脈硬化は、比較的大きな動脈にも、細動脈にも起こり、その硬化の起こる個所は一定しておらず、また、一律でもありませんが、動脈硬化の起こる部位やその程度によって、それそれ重篤な症状をひきおこします。

 

すなわち、心臓の冠状動脈が硬化すると、心臓はそれ自体の活動に必要とする血液量を受けとることができなくなり、心筋傾塞または狭心症など重大な発作を起こす危険にさらされます。

 

また、脳動脈が硬化すると、脳へ行く血流がさまたげられます。
すると、脳組織は栄養不足のためにはたらきがにぶくなります。俗に老人ボケとよばれるのがこれで、悪化すると脳軟化か起こして寿命がちじまります。

 

細動脈の硬化については前にもふれたように、腎臓の細動脈が硬化すると萎縮腎、尿毒症などが起こることもありますが、腎障害あるものは高血圧の程度も強く、脳出血を起しやすくなりさす。

 

いずれも生命をおびやかすものです。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

動脈硬化の終着駅関連ページ

動脈硬化の原因
動脈硬化は様々な原因が考えられますが、特定するのは困難と言えます。
動脈硬化の状態
動脈硬化にも色々な状態があります。細動脈と大きな動脈とでは原因も異なってきます。