(コラム)食品の酸性とアルカリ性

食品にふくまれている無機質によって、酸性食品とアルカリ性食品とに分けられ、酸性食品を多くとれば、血液の酸性度が濃くなり、アルカリ性食品を多くとれば、血液のアルカリ度が濃くなります。

 

血液は、常に中性またはアルカリ性を保っていなければなりませんが、酸性食岫を多くとると、血液の酸性濃皮が高くなるので、いろいろな障害をきたすといわれています。

 

酸性食品には、燐、硫黄が多くふくまれ、米、いも、砂糖、肉、魚など、日常の主食や比較的に多くとる食物がこれに属します。

 

アルカリ性食品には、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウムなどが多くふくまれており、牛乳、野菜、海草、果物などがこれに属します。
比較的にすくなくとりがちなので、多くとるようにこころがけます。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

(コラム)食品の酸性とアルカリ性関連ページ

タンパク質
タンパク質は、体にとって欠かすことの出来ない大切な栄養素です。
糖質
糖質を摂りすぎるのは問題ですが、脳の働きなどに必須の栄養素なので、適切な量を摂取しましょう。
脂肪
脂肪も必要ですが、高カロリーの栄養素なので、こちらも摂り過ぎは注意が必要です。
(コラム)脂肪食と脂肪ぶとり
脂肪について簡単に解説します。
無機質
栄養が偏っている時など、サプリメントなどで摂取することも多い栄養素です。
ビタミン
美容や健康に必要なものがビタミンです。効果的に取り入れる必要があります。