カロリーの必要量

高血圧の食事療法では、肥満を防ぎ、心臓の負担をかるくするために、カロリーを制限するのが普通ですが、どれだけ制限すればよいかについて説明する前に、一般的に健康を維持し、活動をするためには、どれだけのカロリーを必要とするかということについて見てみます。

 

わたくしたちが、手足を動かしたり、考えたり、話しをしたりするためには、エネルギーを必要としますが、このエネルギーは、食物としてとった栄養素を、体内で燃焼させてつくり、諸活動のために消耗し、それをまた食物で補うということをくりかえしています。
カロリーは、栄養素が体内で燃焼するときに出す熱量であって、たとえば、タンパク質や糖質は1グラムで4カロリー、脂肪は1グラムで9カロリーの熱量を出します。
したがって、消耗するエネルギーは、カロリー消費量であらわすことができ、各人の所要カロリーは、その人が活動するのにどれだけのエネルギーを消耗するかによってきまります。

 

たとえば、非常に軽い労働をする書記、レジなどの職業と、非常に重い労働をする森林伐採業とでは、エネルギーの消耗度が大きくちがいますから、前者はすくないカロリーで足り、後者は多くのカロリーを必要とします。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

カロリーの必要量関連ページ

標準体重とは
日本人の標準とされる体重です。
肥満を防ぐ二つの方法
肥満を防ぐには、適切な運動と、適切な食事量となります。血圧を下げるためにも必要です。
高血圧者の所要カロリー
特に、肥満で高血圧の人は、カロリー制限が必要になります。自分の命は自分で守りましょう。
食事療法を永続させるコツ
食事療法にもコツがあります。栄養バランスを考え、野菜を中心に良く噛んで食べましょう。