腎臓結実

結核菌が腎臓をおかして空洞をつくるもので、肺に結核がある場合に多く起こります。

 

症状のばじめは、膀胱炎の症状がおこり、一進一退しながら、悪化します。
尿の回数が多くなり、一目10〜20回にも及び、睡眠がとれないために衰弱します。

 

また、尿は黄色くにごっていたものが、血尿をみるようになり、さらには赤ワイン色になった、血の塊がまじったりします。
まれには腎臓に痛みがあったり、高熱を出したりもします。高血圧をきたす人もあります。

 

治療は、化学療法をおこなって、全身の結核をなくさないといけません。
治療をしないで自然に治るということはありません。
食事はまったく制限する必要がなく、根気よく化学療法をつづければ治ります。

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

腎臓結実関連ページ

急性腎炎
腎臓病の中では多くみられ、細菌感染が原因とされており、入院が必要な場合が多くあります。
慢性腎炎
慢性化した腎炎はやっかいです。じっくりと治療に取り組む必要があります。
腎孟腎炎
菌が尿道から侵入して炎症を起こすのが原因とされています。抗生物質などで治療していきます。
妊娠中毒症
妊娠後半期に血圧が高くなってくるものを、後期妊娠中毒症といっています。
萎縮腎
高血圧を長年つづけると、いくつかの要因で腎臓が委縮してしまいます。こうなると色々な障害が出てきます。
尿毒症
治療が難しい場合が多いとされています。透析を行う場合も有ります。