心臓の構造

人間の心臓は、胸腔の中央からやや左寄りの位置、すなわち左の乳房のうしろの部分にあって、収縮したときの大きさは、その人の手のにぎりこぶしくらいです。

 

この心臓は、四つの部分に分けられます。
左右の心房と、その下方の左右の心室です。

 

左心房と左心室のあいだには、僧帽弁があり、左心室と大動脈の根部のあいだには、大動脈弁があります。
また、右心房と右心室のおいたには、三尖弁があります。
また、右心室からは肺動脈が出ていて、この肺動脈と右心室のあいだには、肺動脈弁があります。
これらの弁は、血液を送り出すときに開き、逆流を防ぐために閉じます。

 

心臓は血液のはいっている袋ですが、その袋の壁の主要部分は、心筋とよばれる筋肉であって、この心筋が、一定のリズムをもって規則的に収縮したり、弛緩したりしています。これを拍動といいます。

 

なお、心筋の内側は心内膜、外側は心外膜でおおわれています。

 

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

心臓の構造関連ページ

心臓内圧
心臓はポンプなので、内圧が大事になってきます。簡単に説明します。
血液の量とその配分の調節
心臓が全身に血液を送る量や調整法などの説明です。
循環の神経支配
心臓における自律神経の働きなどを説明しておきます。