環境を変えるこころみ

現代人の生活は、ストレスを起こしやすい環境の中でおこなわれています。
ストレスが血圧を上げることは後にくわしく説明しますが、環境が変わっただけでストレスが解消して、血圧が下がる例はめずらしくありません。

 

環境が変われば高血圧にょい影響があるとわかっていても、公害や交通事故を個人の力で解消することはできません。
個人の力でできることは、せいぜいよい環境を求めて移ろという程度のことです。

 

たとえば、職場を変えることもその一つです。
これは、仕事それ自体が変わるだけでなく、対人関係も変わりますから、肉体と精神の両面に及ぼす影響に変化が生ずることはいうまでもありません。
ただし、このばあいには、職場を変えたことにょって、以前の職場より現在の職場が、肉体的にも精神的にも快適な環境であるということでなければ、あまり効果はありません。
新しい職場でいつまでも緊張が持続するということであれば、血圧を上げることにもなりかねません。

 

職場を変えないで、一時的に環境を変える方法としては、転地や入院が考えられます。
高血圧の人が、転地や入院をすると、特別になんの治療をしなくても、環境が変ったということだけで、血圧が下がることがあります。

 

これは、主として精神の安定が、自律神経のはたらきを正常なものにし、ホルモンのバランスがよくなることにょって、血圧にもよい影響をあたえるからであると説明されています。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

環境を変えるこころみ関連ページ

働く時間と休む時間
緩急をつけて、自分の体調を管理していく方法など、血圧を上げない考え方。
睡眠をとれば血圧は下がる
睡眠と血圧には大きなかかわりがあります。高血圧で悩む人は考えましょう。
高血圧と入浴
熱いお湯はダメですが、リフレッシュするなら入浴も効果的な方法です。
高血圧と温泉浴
温泉を効果的に使って血圧を改善する方法もあります。その内容などを説明します。
排便と血圧
一見、関係が無いように思われる排便と血圧ですが、実はおもわぬ危険があったりします。
性生活と血圧の関係
性生活は思わず血圧を高めてしまいますので、過度な興奮は危険な場合があります。
寒冷の対策
寒い時は血管が収縮して血圧が高くなることがあります。寒冷所での対策などを解説します。