働く時間と休む時間

働いているときの血圧は上がり、休んでいるときの血圧は下がるのが、正常な血圧のあり方です。
休んでも血圧が下がらないという状態は、病的です。

 

これは、肉体労働についてだけみられる生理現象ではなく、精神労働についても同様です。
思考や記憶のために精神が緊張しているときは、血圧は想像以上に高くなります。
これを逆の面からいえば、血圧の高い状態でなければ、運動、仕事、勉強などは効果があがらないということになります。

 

しかし、血圧が高くなるということは、心臓の負担が大きくなることであり、血管や腎臓のはたらきも、有害な作用をうけます。
この有害な作用が一時的なもので終わり、血圧が下がって、心臓、血管、腎臓などの機能が完全に元の状態にもどっていれば、つぎの一時的な高血圧に対しても、十分に対応していくことができますが、高血圧が長い間持続して機能が回復していないと、いろいろの症状が現われてきます。

 

 

そこで、高血圧の状態を一時的で終わらせるためには、運動、仕事、勉強など、血圧を上げている原因をなくす方法、すなわち休息が必要となります。
休息すれば血圧は下がって、そのあいだに、心臓、血管、腎臓などは元気をとりもどします。

 

このような、血圧と関係のあるからだのしくみをよく理解しておれば、日常生活のうえで、このしくみをうまく利用することが、能率を上げ、健康を保つことにもなるわけです。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

働く時間と休む時間関連ページ

環境を変えるこころみ
自分でできる環境改善など、血圧を下げるための施策はたくさんあります。
睡眠をとれば血圧は下がる
睡眠と血圧には大きなかかわりがあります。高血圧で悩む人は考えましょう。
高血圧と入浴
熱いお湯はダメですが、リフレッシュするなら入浴も効果的な方法です。
高血圧と温泉浴
温泉を効果的に使って血圧を改善する方法もあります。その内容などを説明します。
排便と血圧
一見、関係が無いように思われる排便と血圧ですが、実はおもわぬ危険があったりします。
性生活と血圧の関係
性生活は思わず血圧を高めてしまいますので、過度な興奮は危険な場合があります。
寒冷の対策
寒い時は血管が収縮して血圧が高くなることがあります。寒冷所での対策などを解説します。