高血圧と入浴

高血圧にとって、入浴がよいか悪いかは、いちがいにいえません。
一般的には、入浴は血圧を上げるだけでなく、入浴をして脳卒中を起こしたという例がすくなくないなどの理由から、高血・者は入浴しないほうがよいともいえますが、入浴にはいろいろな利点、効能もあるのですから、一律に禁止する理由はありません。

 

要は、症状の軽重に応じて可否をきめ、入浴の方法を心得ておこなうようにすれば、特に問題となるようなことはありません。

 

浴室で脳卒中や心臓マヒを起こしてたおれるという例かおりますが、これは、入俗して温まったからだが、浴槽を出て、急に冷たい空気にふれると、皮膚血管や毛孔は収縮して、血圧を上げます。
そのために、発作をひきおこすことになります。
体温と外気の差がちがいすぎることによって、急激な刺激が、心臓や血管に作用した結果であると考えられます。

 

これを防ぐためには、浴室の空気をあたためる工夫がいります。
すきま風がはいらないようにするとか、脱衣場にも暖房装置をするなどが考えられます。
浴室には、湯気が充満して空気があたたまっている状態で入浴するようにこころがけます。

 

 

お湯の温度は、夏は38度、冬は40度くらいが適温とされています。
日本人は熱い湯を好む傾向があり、ぬるい湯に入るとカゼをひくといって心配する人もいますが、カゼをひくのは湯の温度による場合よりも、入浴の方法が適当でないことによる場合が多いでしょう。

 

なお、浴槽内では、腰かけられるような装備を工夫するのが、高血圧にとってはのぞましいといえます。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

高血圧と入浴関連ページ

環境を変えるこころみ
自分でできる環境改善など、血圧を下げるための施策はたくさんあります。
働く時間と休む時間
緩急をつけて、自分の体調を管理していく方法など、血圧を上げない考え方。
睡眠をとれば血圧は下がる
睡眠と血圧には大きなかかわりがあります。高血圧で悩む人は考えましょう。
高血圧と温泉浴
温泉を効果的に使って血圧を改善する方法もあります。その内容などを説明します。
排便と血圧
一見、関係が無いように思われる排便と血圧ですが、実はおもわぬ危険があったりします。
性生活と血圧の関係
性生活は思わず血圧を高めてしまいますので、過度な興奮は危険な場合があります。
寒冷の対策
寒い時は血管が収縮して血圧が高くなることがあります。寒冷所での対策などを解説します。