排便と血圧

便通をよくすることは、どんな病気の治療にも大切なことです。
便秘があると、頭重、頭痛、肩こり、のぼせなどの原因となるばかりでなく、排便の際に力みがちですから、そのために無用に血圧を上げることになります。

 

便通をよくするためには、野菜、果物類を多くとるようにするのも効果があります。

 

高血圧で、心臓や腎臓のはたらきがおとろえている人は、夜間の排尿が多くなりがちです。
夜中に尿意をもよおし、ふとんから急に起きあがったり、あたたまったからだを冷えた夜気にさらしたりすると、血圧が急に上昇し、動悸がしたり、脳卒中や心筋梗塞発作を起こしたりすることがあります。

 

したがって、高血圧の人は、夜間、とくに冬の夜は寝室に便器を備えて、部屋の中で用便する習慣をつけるのが無難といえます。

 

便所で脳卒中や狭心症の発作を起こす例が多いのは、便所の構造にも原因があると考えられます。
日本式便所は、しゃがんで排便し、力みがちとなりますので、血圧が上がります。
また、冬の冷たい風に下半身をさらしているのも、高血圧にわるい影響かあります。

 

そこで、高血圧者のばあいには、冬の期間だけ便所に暖房装置をすればよいのですが、これはどこの家庭でもできるというわけにいきません。
せめて西洋式のトイレに改造したいものです。洋式トイレは、腰かけて排便し、下半身を冷気にさらすとはいっても、日本式便所の冷気ほどではありません。

 

力むことも少ないので、急に血圧が上がるという心配が少ないのです。

 

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

排便と血圧関連ページ

環境を変えるこころみ
自分でできる環境改善など、血圧を下げるための施策はたくさんあります。
働く時間と休む時間
緩急をつけて、自分の体調を管理していく方法など、血圧を上げない考え方。
睡眠をとれば血圧は下がる
睡眠と血圧には大きなかかわりがあります。高血圧で悩む人は考えましょう。
高血圧と入浴
熱いお湯はダメですが、リフレッシュするなら入浴も効果的な方法です。
高血圧と温泉浴
温泉を効果的に使って血圧を改善する方法もあります。その内容などを説明します。
性生活と血圧の関係
性生活は思わず血圧を高めてしまいますので、過度な興奮は危険な場合があります。
寒冷の対策
寒い時は血管が収縮して血圧が高くなることがあります。寒冷所での対策などを解説します。