血圧の計り方

血圧は、正しく計ることはむずかしいものです。
というのは、血圧はたえず変動していますので、いつ、どんな状態のとき、どんな計り方をしたかによって、血圧はちがった数値を示します。
ですから、一回や二回くらい計っても、それがその人の最高またぱ最低の血圧値であるかどうか、かならずしも正しい答えはえられません。

 

そこで、病院では必要なばあいには、寝た位置で5分間ぐらい安静にした後に計るなど、一定の条件下で数日間にわたって血圧を計り、その人の基礎血圧を求め、別に随時血圧を計って、最高と最低の血圧値をあきらかにしたうえで、その人の血圧の状態を判断する資料の一つとしています。

 

血圧は、自分で計ることができ、欧米では医師に計ってもらうほか、患者が自宅で血圧を計ってこれを医師に報告することも普通におこなわれています。

 

 

一昔前の血圧測定法

 

人間の血圧値は、上膊動脈における血圧をはかって、その値を求める方法がおこなわれています。
上膊部に、マンシェットとよばれるゴムの袋を巻きつけ、これと血圧計に接続したゴムのポンプをおすと、空気がマンシェットの中にはいり、上膊部が圧迫されます。
マンシェットの空気の量が増すにしたがって、血圧計の水銀柱は上昇し、上膊部に加えた圧力が、目盛りに示されます。

 

マンシェットの幅は、12〜13センチ、長さは22センチ以上のものを使います。
このマンシェットを上膊に巻いて、動脈を圧迫し、血流を止めるわけですから、幅が広く、長さが長いほど、圧迫効果は大きくなり、したがって、この場合の血圧は実際よりも低い値を示すことになります。

 

巻き方がわるく圧を加えたとき上腿の圧迫幅が狭くなると、本当の血圧より高い値を示します。
また腕の太い人では実際より高め、細い人では多少低めの値を示すといわれています。

 

マンシェットを巻くときは、ゴム袋の中央が上膊動脈にかかるようにし、空気を入れたとき一方だけがふくれあがるような巻き方をしてはなりま
せん。なお、巻いたときのかたさは、指が二本はいる程度とします。

 

最高血圧を求めるには、圧を上げて、脈がとまってから、ポンプについているネジをゆるめ、空気をすこしずつ出して圧を下げてゆき、脈の打ち
はじめたときの圧を読みます。これが最高血圧です。この方法では最低血圧は測れません。
これは聴診器を肘の内側の脈搏のふれる部分に密着させてきくと、ザッザッという音がきこえはじめる点と大体一致します。
さらに、空気を出していくと、ザッザッという音がきこえなくなります。このときが最低血圧となった状態です。

 

 

いまでは、簡単に血圧の測定が出来る「血圧測定器」が販売されていますので、比較的容易に血圧が測定できるようになりました。

 

なお、ふつうには腕の左右の血圧はほとんど差がなく、わずかに利き腕の血圧が高いといえます。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

血圧の計り方関連ページ

最高血圧と最低血圧
最高血圧と最低血圧の仕組みなどを説明します。
血圧と年齢の関係
年齢とともに血圧は変化していきますが、どのようにして変化するのかを見ていきます。
最低血圧値の重要性
最高血圧と同じか、それ以上に重要な最低血圧が高い場合を説明。