更年期障害の症状

更年期の婦人がよくうったえる症状として、のぼせ・めまい・肩こり・頭痛・不眠症・発汗・心悸完進その他があります。
そして、これらの症状が、天候や暑さ寒さ・対人関係・心身の疲労などに左右されてあらわれたり消えたりしやすく、精神的、感情的な要素が
多いことなどが特徴といえます。

 

原因としては、卵胞ホルモンが多すぎるという説、反対に不足しやすいからという説、向性腺ホルモンが多すぎるという説などのほか、甲状腺の
はたらきの変化、自律神経の異常、精神の不安定などがあげられています。
また、ホルモン・アレルギー症のあらわれであるという説もあります。

 

更年期障害に対しては、ホルモン療法々、自律神経遮断剤などによる治療法心おこなわれていますが、いちばん大切なことは、本人が更年期の変化を正しく理解して、無用の精神動揺を避けることです。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

更年期障害の症状関連ページ

高血圧との関係
更年期と血圧についての関係性などを解説します。