血管の構造

血管は、血液を通す管ですが、これには動脈と静脈とがあります。

 

動脈は、心臓から押し出された血液を、身体各部の組織へ送りとどけ、静脈は組織から炭酸ガスなど老廃物のまじった血液を受取って、れこを心臓へはこびます。

 

動脈心静脈も、心臓に近いところでは太く、遠くへいくにしたがって細くなっています。
それは、ちょうど樹本の幹から枝が分かれ、さらに小枝が分かれている形と似ています。

 

血管のいちばん先端にあたる部分は、毛細血管またぱ毛細管とよばれ、毛髪より細い管が網の目のように張りめぐらされていて、動脈と静脈の連結部となっています。

 

この血管は、動脈も静脈もともに、内膜、中膜、外膜の三つの層からできていますが、動脈の壁は静脈の壁より厚くできています。
これは、動脈では、平滑筋と弾性繊維とがよく発達している中回が厚いからです。
そのため動脈では内部からの圧力すなわち血圧が下がっても平たくならず、まるい形を保っています。

 

これに対して、静脈は、内膜と中膜がうすく、周囲から圧迫されると容易に平たくなります。
また、血液の流れに故障が起きて、心臓ヘスムーズに流れなくなると、故障部位から先の静脈内に血液がたまって、太くなることがあります。
静脈瘤とよばれるものがこれです。

 

なお、毛細管は、毛髪より細い血管であって、この部分には平滑筋もなく、ただ薄い内皮だけでおおわれていますので、外部からの強い打撲などで破れやすくて、出血することかあります。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

血管の構造と働き記事一覧

血圧は、血液が血管の壁に及ぼす圧力です。この場合の血管は、動脈血管をさします。血液は、心筋のポンプ作用によって左心室から大動脈へおし出され、総額動脈、鎖骨下動脈、総腸動脈、腎動脈、肝動脈また手足の動脈などに分かれて、やや細い小動脈からさらに細動脈を経て毛細管へと送られますが、ここで組織に血液中の酸素や栄養分などを供給します。そして、ここから静脈系に変わり、毛細管から細静脈、小静脈、大静脈へと流れな...

一般に、血液が太い動脈を流れるときは、流れに対する抵抗はほとんどみられませんが、細い動脈に枝分かれした後は、血流に対する抵抗が起きてきます。動脈各部で血圧に差がみられるのは、このことを物語るものです。このような血流抵抗を、末梢血管抵抗といっています。末梢血管抵抗がはたらくのは、からだの各臓器に、必要量の血液を供給するためであって、この抵抗がなくなれば、ある臓器には不必要に多くの血液が流れ、またある...

血管は、血液循環のために必要な唯一の路線ですから、その重要性は説明するまでもありません。したがって、この血管に障害を起こすと、いろいろな重い症状をあらわします。たとえば、動脈硬化は、この血管の病気の代表的なものですが、動脈硬化がすすむと、高血圧を起こして、脳卒中や心筋梗塞の原因となります。このほかにも、血管の病気として、つぎのようなものがあります。動脈の病気大動脈瘤動脈の壁が部分的に拡張、突出して...