自由の利く手足を活用

機器や器具がなく、また、介護者が居合わせないときでも、意欲があれば、自力である程度の訓練ができます。
たとえば、脳卒中の運動マヒというのは、右または左の半身が不随となるのですから、別の手足は自由に動かすことができます。
その自由の利く手や足をつかって、動かないほうの手や足を動かす訓練をすればよいわけです。

 

起立の訓練

脚の運動機能がある程度まで回復し、全身の状態も軽快したら、自分のの力だけで起立できるよう、訓練をはじめます。

 

起立の訓練は、べッドから離れて立つのと、ふとんから起き上がるのとでは、多少の難易度に差があり、ベッドから離れて立つ場合の方が比較的容易です。
しかし、いずれの場合にも、最初は他の人の介助をかりることが必要で、はじめから自分で立とうとすると、ころんで怪我をする危険があります。

 

ベッドから起立するばあい

 

べッドから起きて立とうとごうときには、まず、マヒしているほうの半身が、ベッドの端に近くなるように、からだの位置をずらしておきます。
介助者は、自分の肩を患者のほうへさしだし、患者は自由のきく手を、介前者の肩にかけ、マヒしている手は、自分のからだのわきにおきます。

 

つぎに、介助者は、片手を患者の首にまわし、他方の手をひざの後方から支えるようにし、自分のからだを起こしながら、患者のからだもひき起こして、べッドの端に腰かけさせます。

 

このようにして、患者がべッドに腰かけたままの姿勢を保持できるようにたったら、つぎには、実際に起立の訓練に移ります。そのためには、患者がべッドにすわり、自由のきく手でつかまる物体を、べッドの一端に用意しておきます。
べッドの枠があるものは、これを利用してつかまります。いすなどを利用する方法も考えられます。

 

用意ができたら、介前者は、患者のマヒした手足の側に立ち、ひざで患者のひざを押さえるようにして支えとします。
つぎに、患者のわきと、ひじの下に手をおいて支え、立ち上がるようにして患者のからだを引き上げます。
同時に、患者自身も、自由のきく手を、物体につかまり、これで体重を支えながら、自分のからだを上方へ押し上げるようにして立ちます。
このとき、患者がひざを折りまげないように、介助者は自分のひざをつかって患者を支えてやります。

 

起立の姿勢から座位の姿勢にもどるのは、比較的に容易です。
その場合には、起立のときの反対の順序で、確実な動作によって座位に復する練習をします。

 

 

畳から起立する場合

 

畳の上にふとんを敷き、これに病臥している患者が、起立の訓練をはじめる場合には、べッドから起立する場合とは多少ちがった工夫がいり
ます。

 

たとえば、ふとんの上に座位を保ち、つぎに介前者に支えられて一挙に起立するよりも、ひとまず腰かげられる物体、いすなどを用意してこれに腰かけ、それから起立するというように、段階的に立ちあがるほうが無難であり、容易でもあります。

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

自由の利く手足を活用関連ページ

座位の保持
まずは座る訓練から始めてみましょう。
歩行の訓練
立てるようになれば、歩行訓練も行っていきます。最初は大変ですが、なるべく自力で行うことが大切です。
言語障害を改善する訓練
脳卒中からの言語障害は、本人にとっては本当に辛い後遺症となります。少しづつでも言葉の訓練を行いましょう。