欲ばりは精神の不安定をまねく

欲すくなければ身健やかなり、ということばがあります。
精神状態が、健康に大きな影響のあることを教えたものです。

 

怒り、不安、恐怖などの情動は、高血圧にとって好ましくない精神状態ですが、これらの情動は、わかりやすくいえば、欲ばりの心から起こります。

 

 

人間はだれでも、本能としてそなわっている生物的欲求の心にかりたてられて、生命活動をしていますが、欲求がすべて思いどおりにかなえられ
るというわけにはいきません。すると、欲求不満がおこり、不快感をおぼえます。

 

そこでまた、欲求をかなえて、不快感をなくしたいというあらたな欲求がうまれ、行動を開始します。
そして、欲求がかなえられると、不快感は消えて、満足感(快感)をおぼえます。

 

ところで、不快感がつのると、怒りとよばれる形に発達し、怒りが頂点に達すると、これが行動となって爆発します。すなわち、相手を屈伏させ
るための攻撃、闘争をはじめます。

 

また、一方では、欲求が強く阻まれて、基本的生命活動がおびやかされるような事態になると、不安、恐怖などとよばれる精神状態がうまれ、これを回避し、または逃走しようとする形の欲求に変ります。

 

 

以上に述べたような精神状態(情動)の起伏を、葛藤といい、精神葛藤がはげしければ血圧の上り方もはげしく、精神葛藤がつづいているかぎりは、高血圧状態もつづきます。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

欲ばりは精神の不安定をまねく関連ページ

脳中枢との関係
ここでは主に怒りについて説明しています。高血圧に望ましくない精神状態でもあります。
欲求不満の解決方法
血圧をあげる欲求不満は、人間が本来持ち合わせている欲を求める心から発します。しかし、なるべく平常心を保つことが必要です。