欲求不満の解決方法

精神葛藤が血圧を上げるとすれば、高血圧者は、精神葛藤の起こらないようにこころがげ、心のもつれがあれば早くこれを解消して、精神状態の安定を保つことが大切であるといえます。

 

そのためには、精神葛藤の原因となる、欲求不満を解消しなければなりませんが、この欲求不満は、前述したように、人間の本能としてそなわっている生物的欲求に根ざしていますので、これを根こそぎなくしてしまうということはできません。

 

 

しかし、欲求不満は、聖人や高僧といえども本能としてそなえているものですが、ある人にとってはなんでもないこととして存在していることも、ある人にとっては葛藤として存在するというように、その起こり方や、あらわれ方は一様ではありません。
このようなちがいができるのは、その人の生まれつきの性質、生活環境、健康状態、知能の程度などのちがいにょるものです。

 

 

いずれにせよ、欲求不満がたかまると、精神状態を不安定なものにして血圧を上げるのですから、欲求不満は、できるだけ早くこれを解決しなければなりません。その方法のいくつかを考えてみましょう。

 

 

欲ばらないこと

 

自分の能力以上のものを望むことは、実現がむずかしく、欲求不満が持続することになります。

 

 

自己を客観的にながめること

 

これができる人は、物事を冷静に判断することもできますので、情動にかられて怒りを発するようなこともなくなります。

 

 

自分と他人とのちがいを知ること

 

親子、兄弟姉妹であっても、同一人格ではありません。
考え方がちがっているのぱあたりまえですから、相手の言動が自分の思いどおりでないからといって、情動にかられないようにつとめることです。

 

 

真相をつきとめること

 

不安や恐怖は、多くのばあい物事の真相がわからないときにうまれます。
真相をきわめた者には迷いがなく、不安や恐怖のうまれる余地もありません。
これは知能をみがくことにょって、その程度に応じて、解決の範囲が決まります。

 

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

欲求不満の解決方法関連ページ

脳中枢との関係
ここでは主に怒りについて説明しています。高血圧に望ましくない精神状態でもあります。
欲ばりは精神の不安定をまねく
欲張りも怒りを産む原動力となります。欲をコントロールするのも高血圧には必要です。