高血圧における食事療法の意義

医学があまり発達していなかった時代には、病気に対する治療方法もよくわからないまま、祈祷、絶食、あるいは物理的な刺激などによって、病気をなおすこころみがおこなわれていたわけですが、その一つとして、多数の人の経験の集積として、食事療法が考察され、これを後人につたえてきました。

 

今日の食事療法は、もちろん医学の未発達時代のそれとはちがっていますが、それでも一般に食事療法といっているのは、化学療法や外科療法の補助的な療法としての食物のとり方を意味するばあいが多いといえます。
つまり、病気に対しては薬リまたは手術が主な治療法となり、食事は病気がなおるまでの一時的な補助療法としか考えられていません。

 

ところが、高血圧の食事療法は、一般の病気における食事療法とは、その趣がちがっています。
病気に対する治療方法としてしめる比重がきわめて大きいのです。
というよりは、高血圧の治療でば、食事療法が主療法であって、薬その他は、補助的療法であると考えてもあながち言いすぎではありません。

 

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

高血圧における食事療法の意義関連ページ

少量で栄養バランスを考える
カロリーの摂取量を控え、栄養バランスのとれた食事が必要。
高血圧症の食事療法
高血圧の食事療法で、注意すべき点などです。