高血圧症の食事療法

高血圧症は急激に起きる病気ではないだげに食養生も長期間根気よくつづけなければなりません。
ですからあまりむずかしく考えずに、無理のない程度に制限された食品を考慮しながら、自分の嗜好や食週間になるべく合わせてせて献立を作ると良いでしょう。
我慢しすぎたり嫌々食べるようでは精神的苦痛をともない、気力を失うようなことになります。

 

こうなってはかえって治療の防げになってきます。
高血圧症なのだからといって本人はもちろんまわりの人達も特別病人意識を強く持たず、積極的に、料理の工夫を考え、食事を楽しいものにしていって下さい。

 

 

 

 

高血圧と食べ物について注憲すべき点

 

  • 食べすぎない
  • 標準体重を保つ
  • 偏食をしない
  • 動物性脂肪をさけ植物油等から脂肪分をとる
  • 刺激物はできるだけさける
  • アルコール、茶、コーヒー、犬ハコなども少量にとどめておく。できればなるべくさけた方がよい
  • タンパク質は体重、年齢相応にとること(ただし腎臓の悪くない場合)
  • ビタミン、カルシウム、鉄などは十分にとる

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

高血圧症の食事療法関連ページ

高血圧における食事療法の意義
他の病気と違い、高血圧では食事療法がメインとなります。
少量で栄養バランスを考える
カロリーの摂取量を控え、栄養バランスのとれた食事が必要。