冠動脈硬化と狭心症

高血圧が心臓にあたえる影響としては、前述の心臓の肥大拡張に伴なう心不全のほか、冠状動脈の硬化にともなって起こる狭心症の発作があります。

 

 

心臓の重要な部分は、心筋とよばれる筋肉ですが、この心筋が活発な収縮作用をつづけるためには、心筋自体がその活動に必要とする量の血液を供給してもらわなければなりません。
この心筋に血液を供給しているのが、冠状動脈ですが、冠状動脈に硬化かあると、その部分の血液の流れがわるくなって、心筋は必要とする血液を十分に受取ることができなくなります。

 

 

このような状態が徐々にすすむと、肥大した心筋は変質を起こします。そして、あるとき急に血流の不足、すなわち筋肉に酸素や栄養が不足して、発作的の痛みを起こします。これを狭心症といいます。

 

狭心症の発作は、前述のように、冠状動脈の硬化があって血流がさまたげられ、心筋が一時的に酸素不足をきたすことから起こるのですが、その発作は、心臓がある程度以上に活動するばあいに起こります。

 

したがって、安静にしているときはなんともないのに、急いで仕事をするとか、重い荷物を持って階段を登るとか、急に寒冷にさらされるとか、あるいは精神感動というような、いろいろな条件が加わった場合に、発作を起こすといわれています。

 

 

狭心症の発作が起こると、胸の奥にまるで鉛でもはいりこんだような重圧感をおぼえ、胸をしめつけられるような感じと、いいようのない不安感
をともないます。とくに左肩から左手の内側に放散する痛みのあるのが特色とされています。

 

歩くことも、話すこともできません。発作は数分で短時間ですが、これが冠動脈がつまって心筋梗塞になりますと、症状も激しく数十分もつづきますが、すぐに医師の手当をうければ、発作はおさまります。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

冠動脈硬化と狭心症関連ページ

頭重と頭痛−高血圧との関係
高血圧で頭部の傷みをうったえる場合があります。その原因などを解説します。
めまい・手足のしびれ-高血圧からくるもの
血圧が高い方は体の変化に注意しなければいけません。めまいや手足のしびれもその一つです。様々な症状と注意点を説明します。
肩こり・耳鳴りと血圧の関係
高血圧によって肩こりや耳鳴りを感じる場合があります。ここではその仕組みを説明します。
動悸と息切れ
血圧の高い方は、動悸や息切れがひどくなることがあります。理由を解説。
心臓の肥大
高血圧にともなう心臓肥大と危険性を解説しています。
細動脈の硬化
細動脈の硬化によって引き起こされる高血圧や、血管に与える影響などを説明します。
眼底動脈の変化
高血圧を調べる方法の一つに上げられ、重要な情報を与えてくれるのが眼底動脈です。その重要度などを解説しています。
腎臓の病変(危険な高血圧)
腎臓が原因で血圧が上がるのは大変危険な状態といえます。その理由などを説明します。