細動脈の硬化

高血圧は、動脈硬化を起こしやすいといわれていますが、動脈硬化がはじめにあって、そのために高血圧をひきおこしているものもあります。

 

 

一般に、動脈硬化といっているのは、大動脈および比較的に太い動脈にみられる、カユ(粥)状の病変のことですが、細動脈の硬化もあります。
カユ状の病変は、アテローム変性、フィブリノイド変性、石灰沈着の三つから成立っている動脈の老化した状態です。動脈硬化の起こり方は、最初に、動脈の内膜にコレステロールや脂タンパクが沈着して、線状のやや隆起した部分ができます。脂タンパクは、タンパクと脂肪の結合したものです。

 

 

この線状の隆起部分が増加して、アテロームとよばれる黄色がかった板状の腫れができあがります。このアテロームは、動脈内膜と、内弾性板の間にみられますが、このアテロームができると、弾力繊維がこわされて、病変が動脈の中膜へすすみ、中膜の平滑筋繊維に、フィブリノイド変性とよばれる、肥厚と変性が起こります。

 

また、アテローム変性は、血管壁に潰瘍をつくり、潰瘍のまわりに石灰が沈着します。

 

このような病変が動脈に起こると、動脈の内腔はせまくなりますので、血液の流れがわるくなります。
病変がさらにすすむと、内腔をふさいでしまって、血液を通さなくなることもあります。

 

その結果、血液の供給がとだえた部分の組織は死んでしまいます。脳軟化や、心筋梗塞は、そのあらわれとして起こります。

 

 

細動脈の硬化は、主として動脈の中膜内の組織が壊死した形であらわれ、出血や血栓もみられますが、その原囚は主として高血圧によるものとされ、とくに腎・牌・膠・肝臓の細動脈や、脳の細動脈に多く起こりやすいといわれています。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

細動脈の硬化関連ページ

頭重と頭痛−高血圧との関係
高血圧で頭部の傷みをうったえる場合があります。その原因などを解説します。
めまい・手足のしびれ-高血圧からくるもの
血圧が高い方は体の変化に注意しなければいけません。めまいや手足のしびれもその一つです。様々な症状と注意点を説明します。
肩こり・耳鳴りと血圧の関係
高血圧によって肩こりや耳鳴りを感じる場合があります。ここではその仕組みを説明します。
動悸と息切れ
血圧の高い方は、動悸や息切れがひどくなることがあります。理由を解説。
心臓の肥大
高血圧にともなう心臓肥大と危険性を解説しています。
冠動脈硬化と狭心症
高血圧は様々な臓器の異常をもたらしますが、狭心症などの危険性を解説します。
眼底動脈の変化
高血圧を調べる方法の一つに上げられ、重要な情報を与えてくれるのが眼底動脈です。その重要度などを解説しています。
腎臓の病変(危険な高血圧)
腎臓が原因で血圧が上がるのは大変危険な状態といえます。その理由などを説明します。