めまい・手足のしびれ

 

めまい

 

めまいは、前庭神経系の障害で起こるもので、からだの平衡を保つはたらきが悪くなったために起こります。

 

平衡感覚は、きわめて複雑なしくみで調節されていますが、なかでも重要なはたらきをしているのが、内耳にある三半規管と前庭小嚢に巡らなる脳幹の前庭神経核という中枢、さらには小脳や頚髄との相互の連絡路です。これらのうちのどの部分かが障害刺激されると、めまいを起こし、立っていることができなくなります。

 

たとえば内耳の病気で三半規官が刺激されたり、脳幹や小脳の血液の循環障害や炎症が起こったりしますと、めまいを感じます。軽い時はふらつき、立ちくらみなどとして感ずるわけですが、ひどい時はぐるぐる回る感じが起こり、吐き気をもよおしたりします。また難聴や耳鳴りをともなっていることもあります。

 

高血圧の症状の一つとしてみられる目まいは、それほどひどい目まいではなく、目まいがするような感じという程度のことが多いのですが、血圧
が特に高い人でめまいがある場合は、脳卒中の前ぶれと考え、安静にし、医師の治療を受けることが必要です。
たおれるかもしれないという不安感をいだいているような人は、精神不安から、めまいがするように感じることもあります。

 

 

 

手足のしびれ

 

高血圧者で、手足のしびれをうったえることがあります。

 

高血圧者のうったえる手足のしびれは、多くは手や足の先端部の感覚がにぶいという感じで、それも、朝、目をさましたとき手先の感覚がおかしかったとか、なにかにさわってみてはじめて感覚の異常に気がっくというようなこともあります。

 

これは手足の動脈硬化が強いために血液の循環がときどき悪くなるとか、または年配の人ですから頚腕症候群といって川根の変形のため手に行く神経が刺激されるとかして起こることもあります。
しかし脳卒中の起こりはじめに脳内の知覚中枢が刺激されて起こることもありますから注意しなければなりません。

 

高血圧と密接な関係にある脳出血や脳軟化の場合には、運動のマヒまたは知覚のマヒが起こるわけですが、このマヒは、からだの片側たとえば
右半身とか左半身とかに起こり、その状態が長期間つづきます。しかし手や足の先だけがマヒするとか、ある時間だけ感覚がにぶいというようなこともあります。いずれにしても診察を受けることです。

 

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

めまい・手足のしびれ-高血圧からくるもの関連ページ

頭重と頭痛−高血圧との関係
高血圧で頭部の傷みをうったえる場合があります。その原因などを解説します。
肩こり・耳鳴りと血圧の関係
高血圧によって肩こりや耳鳴りを感じる場合があります。ここではその仕組みを説明します。
動悸と息切れ
血圧の高い方は、動悸や息切れがひどくなることがあります。理由を解説。
心臓の肥大
高血圧にともなう心臓肥大と危険性を解説しています。
冠動脈硬化と狭心症
高血圧は様々な臓器の異常をもたらしますが、狭心症などの危険性を解説します。
細動脈の硬化
細動脈の硬化によって引き起こされる高血圧や、血管に与える影響などを説明します。
眼底動脈の変化
高血圧を調べる方法の一つに上げられ、重要な情報を与えてくれるのが眼底動脈です。その重要度などを解説しています。
腎臓の病変(危険な高血圧)
腎臓が原因で血圧が上がるのは大変危険な状態といえます。その理由などを説明します。