脳卒中とは

脳卒中というのは、脳に障害となる原因があって、急に手足の自由がきかなくなり、意識がなくなる病気のことです。

 

これには、脳出血、脳軟化(脳血栓・脳塞栓)、くも膜下出血その他かおり、それぞれ症状は多少ちがっていますが、高血圧や動脈硬化のある人に起こりやすい病気としておそれられています。
いずれも一時的または永久的に生活力をうばわれる重大な病気であって、回復にも時間がかかり、なかには回復不能のまま死亡する例もすくなくありません。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

脳卒中とその対策記事一覧

脳溢血ともよばれています。脳の血管が破れて出血し、そのために脳の機能が障宍されて意識をうしない、遅動率言語などの神経がマヒしてしまいます。原因は、高血圧によるものが多いとされていますが、ほかにも、血液の病気、外傷、腫瘍なども脳出血の原因になることがあります。脳出血は、年齢的には45〜60歳に多く、肥満型の人に起こりやすいといわれていますが、やせ型の人にもみられます。また、遺伝的な傾向が強いといわれ...

脳の血管が血液の通りが悪くなるとか、つまるとかして、そのために脳の組織は栄養がとれず、壊死をおこしてやおらかい状態になったもので、脳梗塞ともいわれています。これには、脳血栓と脳塞栓とかあり、いずれも脳示障害されて、卒中を起こします。脳血栓脳の血管が動脈硬化を起こし、これに血液の小さなかたまりがひっついて、血管がつまってしまう状態です。高齢者に起こりやすく、頭痛、めまい、半身不随など、脳出血の症状と...

脳卒中は、多くの場合、本人や周りの人が予期していないとき突如として起こりますが、発作を起こすまでには動脈硬化が長い年月を経過していて、だんだん病変がすすみ最後に至って爆発するものです。したがって、注意しておれば、脳卒中の前兆をうたがわれるような特徴の一つや二つを自分で気付くこともできるわけです。また高血圧や動脈硬化のある人は、定期的に専門医の検査を求めて、症状の変化を知り、脳卒中の回避その他の対策...