治療をはじめる前によく考える

自分が高血圧であることを知ってて、その治療をはじめようと思うときは、市販の薬を飲んだりするのは禁物です。

 

高血圧は、原因のよくわからない本態性高血圧と、原因となっている病気があって二次的に高血圧となっている二次性(続発性)高血圧とがあって、症状も一様ではありません。
高血圧の薬とされているものをのめば、高血圧がよくなるということはなく、一時的に血圧を下げる効果はあっても、薬をやめるとすぐまた血圧が高くなるばかりでなく、薬をのむまえよりももっと血圧が上がったりして、症状を悪化させる危険もあります。

 

高血圧の治療で、基本となる療法は、合理的な食事と適度の運動です。
この二つは、高血圧の原因がなんであろうと、基本療法であることには変りはありません。

 

食事や運動だけでは改善されない症状があって、それが日常生活に支障をおよぼし、また、将来いつか危険な症状をひき起こすことが予測されるような状態の人は、基本療法と併わせて、薬その他による治療をはじめる必要があるでしょう。

 

その場合には、まず、専門医に相談して、くわしい検査をしてもらい、原因や、病気の程度をはっきりさせることが肝要です。

 

そのうえで、医師から治療法その他の指示をうけ、具体的な指導をしてもらって、正しい治療をはじめるようにしないと、効果が期待できないだけでなく、危険をまねくことになりかねませんので、注憲してください。

 

 

早期治療の重要性

たいていの病気は、予防が万全であれば治療の必要も起きてきませんが、高血圧のはあいには、遺伝が原因となって起こるものもあると考えられていますので、予防の効果のないものもあります。

 

しかし、病気というものは予防できなかったとしても、早期に発見して適切な治療をすれば、病気を完全になくする可能性が大ぎく、完全になく
すことができない場合でも、悪化をくいとめたり、遅らせたりすることができます。

 

高血圧の場合にも、早期にその兆候に気づいて必要な検査をうけ、原因や症状に応じて早期に治療をはじめれば、治療効果のあがることはいうまでもありません。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

薬による治療記事一覧

高血圧の治療は、短期開で完了する性質のものではなく、続けてけてはじめて効果が期待できるものです。薬を飲んだが途中でやめた人ば全然治療しなかった人よりも、脳卒中や心臓病で死亡することが多いという結果が示されているのです。ですから、病院での治療をはじめたら、何年でも治療つづける決意が必要です。二次性高血圧は、原因となっている病気の治療をして、その原因が解消すれば高血圧もなくなりますが、原因か慢性化して...

血圧は、薬を用いて、一時的にこれを下げることができます。このように、血圧を下げるはたらきをする薬を、血圧降下剤または降圧剤といっています。高血圧の人に対して、降圧剤をつかう必要があるかどうかという判断は、専門医がします。患者や家族が、医師の指示をまたないで降圧剤をつかうと、一時的に血圧は下がっても、それはかえって危険な副作用を起こしたり、症状を以前より悪くなったりするおそれがあります。降圧剤をつか...

高血圧の薬には、いろいろな種類があって、その作用や効能もちかっています。どんな症状にどんな薬をどれだけ使用するかというようなことは、専門医でないと、正しい判断ができません。たとえば、高血圧の初期には、降圧剤をつかうまでもなく、鎮静剤だけで大きな効果のあがるものもあります。また、降圧剤をつかう必要があると判断した場合でも、医師はまず鎮静剤をあたえて、その経過をみるのが普通です。鎮静剤は、不安やあせり...

降圧剤は、血圧を一事的に下げるはたらきをしますが、血圧を下げることが、結果的にはかならずしもよくないという場合もあります。たとえば、老人性高血圧では、動脈硬化をともなっていますので、降圧剤を用いて血圧を下げると、かえってわるい結果をまねくおそれがあります。動脈硬化があると、血液が流れにくくなりますので、必然的高血圧が起こってきます。血圧を高くしないと、血液は十分に流れないからです。動脈硬化の人には...

高血圧では、普通、血管とくに細動脈の硬化がみられます。動脈硬化かあると、血液の流れがわるくなりますので、心臓はより大きな力で血液をおしださなけねばなりませんから、血圧は高くなります。また、動脈が硬化すると、弾力性がうしなわれますので、もろくなり、高血圧のために破れることもあります。しかも、いったん硬化した動脈は、その硬化の速度を遅らせることは出来ても、元の柔軟性をとりもどすことはできません。そこで...