血圧を下げる薬

血圧は、薬を用いて、一時的にこれを下げることができます。
このように、血圧を下げるはたらきをする薬を、血圧降下剤または降圧剤といっています。

 

高血圧の人に対して、降圧剤をつかう必要があるかどうかという判断は、専門医がします。
患者や家族が、医師の指示をまたないで降圧剤をつかうと、一時的に血圧は下がっても、それはかえって危険な副作用を起こしたり、症状を以前より悪くなったりするおそれがあります。

 

降圧剤をつかって血圧を下げても、それで高血圧が治るというものではありません。
原因はなお存在しているのですから、一定時間が経過すると、血圧はふたたび高くなります。

 

これでは降圧剤をつかう意味がないようにも思われますが、血圧を下げるということは、それなりの意味があります。
すなわち、降圧剤をつかって血圧を下げることで、高血圧の症状の進行をにぶらせ、はじめに述べた高血圧から起こる脳や心臓の病気を予防する効果があります。
また、高血圧が急速に悪化したことから、脳卒中や心血管の重大な症状をひきおこす危険が生じたばあいに、一時的にもせよ血圧を下げて、危険状態から脱出するためにも、降圧剤は効果をあらわします。

 

繰り返しになりますが、降圧剤は、一時的な対処であり、副作用も考えられることから、なるべく使わないことがいいでしょう。

 

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

血圧を下げる薬関連ページ

治療の中絶は悪化を促す
高血圧は、一時的に血圧が下がっても、なにかのきっかけでまた上がる可能性があります。直気的に取り組みましょう。
薬の種類と作用
医師の判断で処方される薬の種類とその副作用などです。
降圧剤の用い方の注意
やむなく降圧剤を使う場合があると思います。それらの種類や副作用などをお伝えします。
血管を強くする薬
動脈硬化から血管の破裂などを防ぐために、血管を強くする薬を使う場合があります。