手術療法

高血圧の手術療法として、おこなわれているのは、交感神経切除術です。

 

これは戦前からおこなわれていたもので、相当の成績をあげています。

 

この手術療法は、二回に分けておこない、一回の手術に要する時間は一時間半くらいですが、全身麻酔をほどこしますので、苦痛は感じません。

グロミュー療法

物理療法と食事療法とを組み合わぜた療法で、脳出血を起こした後の治療に利用されます。

 

グロミューというのは、細小動脈と細小静脈が直接連絡している通路にあたる部分の血管のことで、このグロミューを強化することによって、その後の脳出血を防止しようというわけです。
食事の面では、砂糖やアルコールを制限し、アルカリ性食品である野菜や、ビタミンをふくむ果物を多くとることが主眼とされます。

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

手術療法関連ページ

民間療法
民間療法はそれなりに効果のある方法が多くみられます。自然のものを使うので、副作用の危険なども少ないようです。