運動は疲労を伴う

運動をすれば、程度のちがいはあっても、疲労をともないます。

 

疲労には、いくつかの段階かおり、自分では疲労したと思っていないときでも、生理的には疲労していることもあります。
また、はっきり疲労を自覚する場合もあります。

 

 

一般に、疲労といっているのは、自覚できる状態の疲労、たとえば、運動をつづけることができなくなった状態や、思うようにからだを動かすことができなくなった状態をさしています。

 

山登りや、ハイキングなどで、長時間または急か坂道を歩いていると、足が重くなり、休憩しなければ歩きつづけることができないという状態になることかあります。
これは、足の筋肉に乳酸がふえて、筋肉がひどく疲労したことによります。

 

 

筋肉が疲労するのは、乳酸がたまることのほかに、運動することによって、筋肉のはたらきに必要な物質であるクレアチン燐酸(CPという)が消費されるからであるといわれています。

 

このCPは、体内で生産される物質ですが、筋肉をつかうと、その量が減ります。
一方、筋肉をつかうと、乳酸がふえます。この両者の減、増が、疲労となってあらわれるといわれています。
したがって、疲労を回復するためには、減ったCPを補給し、増した乳酸をとりのぞかなければなりません。
それには、休息が必要です。休息すれば、乳酸は焦性ブドウ酸に変り、やがて、CPも新しい補給がおこなわれます。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

運動は疲労を伴う関連ページ

疲労を貯えないこと
運動しても、きちんと休息して疲労を貯めないことが大事です。特に高血圧の人は注意しましょう。
運動の効用
適度な運動は肥満の防止や解消にもつながりますので、軽めの運動は推奨されます。
高血圧者に適した運動の種類と量
高血圧の方にも適した運動を羅列してみました。激しい運動は禁物ですが、これらを実践してみるといいでしょう。
散歩の心得
散歩は、高血圧の方に限らずどんな方にもお勧めできます。寒さ対策だけはしっかりしましょう。
ゴルフは有効か
最近のゴルフ事情からみた血圧が高い方へのアドバイスです。