高血圧者に適した運動の種類と量

高血圧者は、どのような運動を、どの程度に行えばよいかということを考えてみましょう。
血圧を上げ疲労をまねくからよくないといって、消極的な考え方を生活方針にしていると、肥満その他の好ましくない状態をつくります。

 

しかし、心臓や血管に故障のある人が、不用意に激しい運動をしたり、運動の量が多すぎたりすると、脳出血や心筋梗塞を起こす危険があります。

 

一般的には、血圧の高い人は、疲れない程度に運動をおこなうのがよいといえます。
運動の種類としては、つぎのようなものが考えられます。

 

  1. 深呼吸
  2. 散歩
  3. ラジオ体操
  4. 美容体操
  5. 起床前に床の上で四肢の屈伸や体の捻転を中心とした体操
  6. 鉄アレイを用いる腕の屈伸
  7. 木刀などを振る運動

 

 

これらの運動は、いずれも一時的に血圧を上げますので、医師にも相談して、運動量をきめておこなうことが大切です。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

高血圧者に適した運動の種類と量関連ページ

運動は疲労を伴う
運動すれば疲れるのが当たり前ですが、その疲れを取り除く方法は休息です。
疲労を貯えないこと
運動しても、きちんと休息して疲労を貯めないことが大事です。特に高血圧の人は注意しましょう。
運動の効用
適度な運動は肥満の防止や解消にもつながりますので、軽めの運動は推奨されます。
散歩の心得
散歩は、高血圧の方に限らずどんな方にもお勧めできます。寒さ対策だけはしっかりしましょう。
ゴルフは有効か
最近のゴルフ事情からみた血圧が高い方へのアドバイスです。