ゴルフは有効か

週末や祝日のゴルフ場はどこも賑わっています。
ゴルフは、人影のあまりない、ひろびろとした場所でおこなってこそ意味があると考えられるのに、現実ぱかにかのフェスティバル会場てはないかと錯覚されるような風景です。

 

ゴルフは、スポーツの一種ですから、健康によいことはいうまでもありませんが、前述のようなゴルフ場風景では、本来のゴルフのよさはうしなわれます。
高血圧者の運動としては、別の種目を選ぶのが賢明でしょう。

 

それに、ゴルフ場でよく狭心症や脳卒中を起こしたという例もあります。
これは、クラブを振る瞬間に、からだに強い緊張が加わることが主な原因と考えられます。
また、肥満した人が、息をからしながらゴルフのコースを急ぐのも有害です。
ゆっくり歩くことを忘れてはなりません。

 

なお、体重を減らす目的でゴルフをして、そのあとでビールをのみ、料理をたべたのでは、ゴルフで減った体重を補っておつりがきます。

 

 

 

避けたい運動

 

高血圧者にとって激しい運動は、すべて有害と考えてよいでしょう。たとえば、ランニング、柔・剣道、ボクシング、レスリング、相撲などは、いずれも短時間に大きなエネルギーを必要とするはげしい運動ですから、原則として、絶対禁物です。

 

また、テニス、水泳、野球なども、体力を消耗することでは、前述の各種目と大差がありませんので、なるべく避けるようにします。職場関係の
親善野球で、若い人にまじって参加した中年以上の人が、脳卒中や心筋梗塞を起こす例もすくなくありません。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

ゴルフは有効か関連ページ

運動は疲労を伴う
運動すれば疲れるのが当たり前ですが、その疲れを取り除く方法は休息です。
疲労を貯えないこと
運動しても、きちんと休息して疲労を貯めないことが大事です。特に高血圧の人は注意しましょう。
運動の効用
適度な運動は肥満の防止や解消にもつながりますので、軽めの運動は推奨されます。
高血圧者に適した運動の種類と量
高血圧の方にも適した運動を羅列してみました。激しい運動は禁物ですが、これらを実践してみるといいでしょう。
散歩の心得
散歩は、高血圧の方に限らずどんな方にもお勧めできます。寒さ対策だけはしっかりしましょう。