食物の質と量を考える

コレステロールが、動脈硬化に悪い影響があるとすれば、動脈硬化の予防には、コステロールをふくむ食物をさけるのが効果があることはいうまでもありません。

 

しかし、コレステロールは、ホルモンの母体となる必要な物質ですから、これを欠くことはできません。
コレステロールは、その80パーセントが体内で合成され、残りの20パーセントが、動物性脂肪にふくまれているのです。

 

この、食物としてとる20パーセントのコレステロールが、主としてバター、卵黄などにふくまれているわけですが、わたくしたちは、バターや卵黄だけを食物にしているのではなく、そのほかの食物も多くとっています。
また、一日にバターを10グラム、卵を3個ぐらいたべたとしても、体内のコレステロールが、短期間でふえるというようなことはありません。

 

このようにみてきますと、コレステロールは、動物性脂肪からだけとっているのではなく、約80パーセントは、動物性脂肪でない食品、たとえば米やパンを主体とする糖質、脂肪をふくまない部分の肉その他のタンパク質などからも、体内で合成されていることが考えられます。
つまり、カロリー源としてとる食物の量が多いと、カロリー化されないで、脂肪化されて体内にたくわえられ、コレステロールの増加を来すことが考えられます。

 

ですから、たんに動物性脂肪だけでなく、栄養のために毎日とっている食物の質と量とが、血液中のコレステロール濃度に影響するわけです。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

食物の質と量を考える関連ページ

動脈硬化と栄養の関係
コレステロールは最も有名な動脈硬化の原因で、動物性脂肪に多く含まれています。
(コラム)コレステロール
コレステロールについて簡単に解説します。
肥満を防ぐ食物のとり方をする
高血圧の原因にもなる肥満はカロリーの取り過ぎが原因となります。必要なカロリーを計算して食事をすることを心がけましょう。
運動不足も動脈硬化を速める
体を動かさなくなると、筋力も弱り、関節も硬くなっていきます。これらが様々な病気の原因になることもあります。