(コラム)コレステロール

コレステロールは、炭素、水素、酸素から合成される物質で、脳、神経組織、皮膚などにもふくまれており、胆汁酸、性ホルモン、副腎皮質ホルモンの母体となっています。

 

胆管や胆のうでかたまると胆石となり、血管壁に沈着すると動脈硬化を起こします。

 

人体内では、酢酸を原料として合成されることが催認されていますが、コレステロールの生理的な意義は、まだあきらかにされていません。

 

コレステロールは、動物性脂肪に多くふくまれているため、動物性脂肪を多くとる人は動脈硬化になりやすいといわれています。
しかし、血清コレステロールよりも、血清中の脂タンパク濃度が高くなることが、動脈硬化の発生にきわめて密接な関係かおるという議論もあります。

 

 

DHA&EPAで血液をサラサラにして高血圧を改善

(コラム)コレステロール関連ページ

動脈硬化と栄養の関係
コレステロールは最も有名な動脈硬化の原因で、動物性脂肪に多く含まれています。
食物の質と量を考える
コレステロールの取り過ぎで、血管に異常をもたらすことが多いので、毎日の食事を考えてみましょう。
肥満を防ぐ食物のとり方をする
高血圧の原因にもなる肥満はカロリーの取り過ぎが原因となります。必要なカロリーを計算して食事をすることを心がけましょう。
運動不足も動脈硬化を速める
体を動かさなくなると、筋力も弱り、関節も硬くなっていきます。これらが様々な病気の原因になることもあります。